新築の戸建て住宅購入時からリフォーム資金の積み立て預貯金を始めるべきです

新築の戸建て住宅でも、世帯の構成変化があったり、水回りやキッチンなどは、設備の入れ替えなどのリフォームが必要となって来ます。
特にリフォームと言えば、汚くなった部分の改修や住み易さを追及して室内に目が行きがちですが、屋根や外壁塗装などの外回りのメンテのリフォームも必要となって来ます。
マンションなら、外回りなどのメンテの費用は修繕積立金で準備され、計画的にリフォームが実施されますが、戸建てではこの資金も自分で準備し、かつリフォームのタイミングも自分で決める必要があるのです。
新築住宅を購入する時の、ローンの返済計画を組む場合も、こうしたメンテの為のリフォーム費用をマンションの様に積み立てる事を織り込んで計画を立てるべきなのです。
毎月少しづつ、リフォーム費用を購入時から積み立てる事を実践すると、こうしたリフォームの必要な時期が来た時に、積み立てて置いて良かったと実感するものです。私は横浜戸建リノベーションさんに依頼しました。
内装関連は我慢すれば済む場合もありますが、水回りや屋根や外壁塗装は住宅そのものの維持のためには避けられないリフォームなのです。
長く住む為に、喜びに満ちあふれる購入時からリフォーム資金積み立ての預貯金をスタートされる事が経験上お勧めですネ。